MENU    
   トップページ
   四條家の歴史
   設立趣旨
   活動内容
   四條流本膳料理
   四條流文化教室
   セミナー・講演 etc.
   御用蔵
   四條祭・顕彰授与式
   全調技連HP
  新年事始め「庖丁初め俎開き」
   会則
   理事紹介
   会員募集
   掲示板
   ブログ
 出版物 
日本料理作法
新刊案内
『歴史の中の日本料理』

四條 隆彦 著
発行:振学出版 
発売:星雲社
定価:560円

この一冊で日本料理のすべてがわかる決定版!

日本料理の伝統と文化を知ることは日本の歴史を知ることであり、現在を生きる日本人を知ることにもつながる。

日本料理作法
『日本料理作法』

四條 隆彦 著
小学館文庫 定価:560円

四條司家 第四十一代・當代 四條隆彦が、日本料理のすべてをわかりやすく解説しています。
日本料理のルーツをはじめ、実際の宴席でのマナー、本膳料理や会席料理の食し方、各時代別に見られる料理の特徴など、日本料理のことが正しく理解できるような内容になっています。


お求めは最寄りの書店あるいは直接小社へ。
 お問い合わせ 

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-27-13-405
特定非営利活動法人・四條司家食文化協会
TEL:03-3478-5588 FAX:03-3478-5688

メール:npo@shijotsukasake.jp
おことわり
弊社では、社債の発行やそれにともなう出資等の勧誘のお電話をかけたり、ダイレクトメールをお送りするような行為は、一切いたしておりません。お知らせまで。

    活動内容    



NPO法人・四條司家食文化協会は、国民一人一人の食生活の安全と食文化の向上を目指し、さまざまな活動を行っています。
その活動内容を一部ご紹介致します。
2017年8月9日(水) 、10日(木)祝日 、11日(金)
≫【伝統と革新】 ものづくり匠の技の祭典 2017

 こちらのイベントの主旨と特徴は、日本のものづくり産業を持続的に発展させていくために、「伝統と革」新をテーマに、日本を支えてきた伝統的な匠の技と最先端のものづくり技術の魅力を発信して、また、さまざまな分野の優れた技を、観るだけでなく自ら体験するなど、東京を訪れる海外の方を含めて、誰もが楽しむことができるイベントをめざしているところにあります。
 三日間行われますイベント開催の二日目には、四條司家当代によります「四條流包丁儀式」を披露いたします。この儀式は天皇家、宮家の方々もご参加いただいたことがございます。この機会に是非、皆様方にも見て頂けたらと思います。
 また、『ものづくり・匠の技の祭典2016〜Traditional Skill & TOKYO〜』は今回初めて開催されますが、オリンピック・パラリンピックの年までの毎年開催予定とされているそうです。このような素晴らしいイベントに参加させていただけます事、感謝いたしております。
 どうぞ皆様方もふるってご来場していただけます事、楽しみにお待ちしております。  暑い日が続いています、お身体ご自愛下さいませ。
 尚、開催予定は下記参照、詳しくは、東京産業労働局ホームページにも載っています。

ものづくり・匠の技の祭典
http://www.monozukuri-takumi-expo.tokyo/


「ものづくり・匠の技の祭典2017」を開催|東京都


開催日程   平成29年8月9日(木) 、10日(金) 、11日(土)   
開催時間   10時〜17時   
会場       東京国際フォーラム ホールE (地下2階)
         ロビーギャラリー(地下1階)          
         〒 100-0005  東京都千代田区丸の内3-5-1   


入場料    無料 
        ※但し、有料の体験プログラム、有料の販売品があります。





2017年6月17日(土)
≫ヤマキ醤油 古代米御田植式 櫂入れ式

2017.6.17(土)11時〜
★櫂入れ式 ★古代米の田植式
醤油ダルの中を櫂(かい)という棒で、かき回します、櫂入れ式を行います。
櫂入れ式では祝詞のあと、参加希望の子供たちによる櫂入れ体験も予定しております。

お田植式では、四條司家当代によります儀式の後、参加希望者の方は、裸足になり田んぼの中に入り田植の経験も出来ます。
どなたも参加できます。

場所 埼玉県児玉郡神川町のヤマキ醤油グループの田んぼにて。



2016年8月10日(水) 、11日(木)祝日 、12日(金)
≫【伝統と革新】 ものづくり匠の技の祭典 2016

このたび、東京都産業労働局「ALL JAPAN & TOKYOプロジェクト」のイベントへの参加をさせて頂くことになりました。

こちらのイベントの主旨と特徴は、日本のものづくり産業を持続的に発展させていくために、「伝統と革」新をテーマに、日本を支えてきた伝統的な匠の技と最先端のものづくり技術の魅力を発信して、また、さまざまな分野の優れた技を、観るだけでなく自ら体験するなど、東京を訪れる海外の方を含めて、誰もが楽しむことができるイベントをめざしているところにあります。
三日間行われますイベント開催の二日目には、四條司家当代によります「四條流包丁儀式」を披露いたします。この儀式は天皇家、宮家の方々もご参加いただいたことがございます。この機会に是非、皆様方にも見て頂けたらと思います。
また、『ものづくり・匠の技の祭典2016〜Traditional Skill & TOKYO〜』は今回初めて開催されますが、オリンピック・パラリンピックの年までの毎年開催予定とされているそうです。このような素晴らしいイベントに参加させていただけます事、感謝いたしております。
どうぞ皆様方もふるってご来場していただけます事、楽しみにお待ちしております。 暑い日が続いています、お身体ご自愛下さいませ。
尚、開催予定は下記参照、詳しくは、東京産業労働局ホームページにも載っています。

ものづくり・匠の技の祭典
http://www.monozukuri-takumi-expo.tokyo/


「ものづくり・匠の技の祭典2016」を開催|東京都

http://www.metro.tokyo.jp/INET/EVENT/2016/05/21q5q400.htm

開催日程   平成28年8月10日(水) 、11日(木)祝日 、12日(金)
開催時間   10時〜17時
会場 東京国際フォーラム ホールE (地下2階)
ロビーギャラリー(地下1階)
〒 100-0005  東京都千代田区丸の内3-5-1

四條流包丁儀式開催日時
11日(木・祝)10時30分〜 約30分ほどとなります


入場料    無料 
※但し、有料の体験プログラム、有料の販売品があります。




2016年6月18日(土)
≫ヤマキ醤油 古代米御田植式 櫂入れ式

2016.6.18(土)11時〜
★櫂入れ式 ★古代米の田植式
醤油ダルの中を櫂(かい)という棒で、かき回します、櫂入れ式を行います。
櫂入れ式では祝詞のあと、参加希望の子供たちによる櫂入れ体験も予定しております。

お田植式では、四條司家当代によります儀式の後、参加希望者の方は、裸足になり田んぼの中に入り田植の経験も出来ます。
どなたも参加できます。

場所 埼玉県児玉郡神川町のヤマキ醤油グループの田んぼにて。





2015年10月24日(土)
≫ 『創立20周年記念式典』笠間稲荷神社にて

jpg 『創立20周年記念式典』に参加いたしました。
記念式典、包丁式、パネルディスカッション、祝賀会を行いました。
パネルディスカッション 『外国人を魅了する和のおもてなし』
コーディネーター:
株式会社 フレール代表取締役
食文化研究家/ 藤原浩氏
パネラー: 
レバノン大使/ Iman Younes 氏
四條司家第41代/ 四條隆彦
須藤本家代表取締役/ 須藤源右衛門氏
笠間市国際交流協会専務理事/木村美枝子氏
その時の様子です。

jpg jpg jpg
jpg jpg jpg


≫ 庖丁儀式の歴史をご紹介







平成 22 年度事始め「庖丁初め俎開き」奉納庖丁儀式 明治神宮
平成 22 年 1 月 30 日(土曜日)

 日本古来より受け継がれている古代米を、四條司家より自然農法の技芸指南役として農業生産法人(有)豆太郎代表須賀利治氏が有機栽培し守っています。
毎年、自家採種した種より栽培している古代米は赤米・黒米・緑米・伊勢錦の四種類です。この古代米の田植式が千二百年の歴史ある四條司家の四十一代當主四條隆彦氏により執り行われました。

赤米 黒米 緑米 伊勢錦
水田に向かい式が始まります。
地元の上里小学校の生徒も参加して田植を体験。滞りなく、無事田植式が執り行われました。

2007年6月24日(日)午前11時から御料荘園にて田植式を開催されました。

四條司家御料荘園 所在地:埼玉県児玉郡神泉村大字下阿久原955



Copyright (C) NPO法人 四條司家食文化協会 All Rights Reserved
----このサイトにおける無断転載、引用を禁止します----